食品とアレルギー

食品とアレルギー

花粉症やアトピーなど現代日本にはアレルギーが溢れています。

アレルギーを一つも持たずに人生を送る人の方がむしろ少ないくらいではないでしょうか?


中でも花粉症は私たちの抱える最も身近なアレルギーですよね。毎年春になると憂鬱な方も多いはずです。

ではなぜ花粉症は起こるのか?

まず戦後の植林政策で本州を中心に大量のスギ・ヒノキが植えられたこと。さらに生活環境や遺伝、ストレスなど様々な原因が考えれられますが、実は毎日摂取する食品も大きく関係しているのです。


現代日本の加工食品は食品添加物に溢れています。さらに野菜を食べずにスナック菓子やインスタント食品の摂取、外食・偏食などを繰り返していると栄養バランスが崩れます。

仕事が忙しく睡眠時間が少なくなったりするとイライラがつのりストレスも増加します。

このような状態が続くと身体が酸化状態になり免疫力が低下しアレルギーが出始めるのです。


日本でも年々花粉症患者が増加しているのもこの事と無関係ではないでしょう。

このような場合食事治療が有効です。


私の知り合いにも、外食を一切やめてアレルギーの引き金になっている食品添加物の摂取を控え、ミネラル含有分の高い沖縄の塩を体に入れる事により花粉症の治療に成功した方がいました。

さすがにそこまで徹底して行うのは難しいかもしれませんが、本来私たちの身体を正常な状態に保つにはそれなりの努力がいるんですね。


少なくとも生協宅配なら安全な食材をバランスよく入手する事は可能です。

まずはサンプルを取り寄せてみてはいかがでしょうか?


 

サイトマップ

ゴールドカード